ブログ

2019.07.03

西田辺南港通日記㉘

70代男性で、ゴルフのレッスンを週に一度受けている患者様の話です。来院された時は階段の昇り降りで、足を引きずるような状態でした。全身のマッサージと腰の鍼施術、左膝に灸施術を週に3回、2ヶ月間続けると、階段は軽く昇り降りできるようになりました。ゴルフのラウンドも途中に痛くなっていたのが、最後まで痛くならなくなりました。その後も何かおかしいと感じたらすぐ来院して頂き、お仕事にゴルフに元気で過ごされています。 西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.06.27

西田辺南港通日記㉗

今週のはじめに来られた患者様の話です。60代女性の方で2019年2月末に転倒した際手をつき親指付け根を痛めました。3月にレントゲン撮影してもらい骨に異常はないので安静にするとように言われて様子を見ていました。ところが6月位から痛みがひどくなり、朝は指が腫れ指先を伸ばすとバチンとばねのようになってしまいました。こちらではマッサージとストレッチ、超音波治療器、を当て親指をふさわしい位置に持っていくようテーピングをしました。翌日には腫れがひいていました。指がスムーズに動くよう2ヶ月施術をしましょうと伝えました。西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.06.20

西田辺南港通日記㉖

昨日、生理時に特に腰がつらいという理由で半年位通院されている30代の女性が来られた時の話です。骨盤矯正と腰に鍼施術、足首に灸施術をすると、2ヶ月目から生理時の痛みがかなり楽になったとのことでそこから月に2回の施術を続けると調子がいいようでした。ただ、当初から痛みが強い時は婦人科を受診するよう勧めていました。今回の生理時珍しく痛みが強く婦人科を受診されました。すると、子宮内膜症の疑いがあるので定期健診を受けるように言われました。原因がはっきりしてよかったと喜んでおられました。施術も受けて身体も楽になったようでした。  西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.06.10

西田辺南港通日記㉕

人の視覚情報は動くものを優先的に認識しています。しかし動眼神経と多数の筋肉により広範囲を見ることが出来ると同時に、眼球を小刻みに振動させるマイクロサッケード運動により静止した物体でも動体と同様に認識できます。ただこの仕組みは時間と共に鈍麻していくので、静止物体はやがて意識下に沈んでいきます。ぼんやりと風景を眺めていると様々なものが見えなくなるのはこのためです。 西田辺 南港通 鍼灸 整骨院

2019.05.30

西田辺南港通日記㉔

5月から南港通鍼灸整骨院に新人の治療師が加わりました。学校でたくさんの事を学んできたのですが、整骨院は初めてで患者様と接するのも最初は少し緊張していました。しかし徐々に表情も柔らかくなってきて、仕事もできることがどんどん増えてきました。施術の練習も昼休み毎日頑張っています。そんな若者の成長と共に南港通鍼灸整骨院も成長していこうとおもう今日この頃です(^^)/ 西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.05.21

西田辺南港通日記㉓

今日はブレスローの7つの生活習慣をご紹介します。①睡眠時間は7~8時間とる②朝食はほぼ毎日とる③間食はあまりとらない④体重は標準である⑤運動をしている⑥酒は大量にとらない⑦タバコは吸わない これを6つ以上守ると45歳の男性なら後33年近く生きられるのに、3つ以下の45歳男性は21年くらいしか生きられないそうです。 西田辺 南港通 鍼灸整骨院

 

 

2019.05.17

西田辺南港通日記㉒

患者様から嬉しいお声を頂きましたのでご紹介します。骨盤の歪みが気になり通院しています。通い始めて2ヶ月程ですが歪みもかなり改善し、嬉しいことに体重も3キロ減少しました。施術はもちろん、雰囲気もとてもよい鍼灸整骨院なので、これからも通院させていただきたいと思ってます。 西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.05.07

西田辺南港通日記㉑

現在ツボは361種類が世界共通のツボとして、WHOによって決められています。そのツボの正体は完全に解明されていません。しかしながら、近年「筋膜」という組織が注目されてきました。無理な姿勢を続けたり筋肉に過剰な負担をかけたりすると、筋膜にだんだんとシワが寄ります。筋膜には痛みを感じる受容体がびっしり存在するため、痛みや不快感を生じさせるといいます。これがツボの正体の有力な説の一つとして研究が進んでいます。 西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.04.26

西田辺南港通日記⑳

今日は神門というツボをご紹介します。手のひらを上にして、手首周囲を巻くシワの線の小指側の端にあります。骨と骨の間の小さな窪みにとります。神の字がついているツボは、精神的な活動とも関係が深いと考えられています。左側の神門は便秘によく効くことがあります。をするといいでしょう。あまり強い刺激に耐えられるところではないので、お腹のツボと合わせてお灸をするといいでしょう。 西田辺 南港通 鍼灸整骨院

2019.04.19

西田辺南港通日記⑲

先日新聞報道で、認知症と腸内環境の関連が取り上げられてました。認知症の人は腸内に(バクテロイデス)という細菌が少なく、認知症でない人は多い傾向があるそうです。(バクテロイデス)は、以前は善玉菌でも悪玉菌でもなく、優勢な方を味方する日和見菌の一種と考えられていましたが、近年では肥満や血糖値の増加を抑える働きをしていることが認められています。もともと欧米人の腸に多く、脂質の摂取により増えるため、最近の日本人は昔よりも増えていると考えられます。西田辺 南港通 鍼灸整骨院

1 2 3 4 5 6 7
本院 吉井整骨院 分院・粉浜西鍼灸整骨院 交通事故専門サイト 交通事故医療情報協会