首・腰のむち打ち

むち打ちとは

むち打ちとは交通事故による怪我・症状で最も多いのがむち打ちです。むち打ちは正式には「外傷性頸部症候群」や「頸椎捻挫」と言い、交通事故の強い衝撃などにより、腰椎、脊椎から頚部や頭部にかけて鞭がしなるように過伸展過屈曲することで起こります。むち打ちは事故後、時間がたってから症状が現れることもありますので、必ず病院で医師の診断を受けた後、当院で適切な治療を受けられるようにしてください。

むち打ちにより次のような症状が現れます

  • 頭部・首・肩の痛み
  • 腕や手の痛み・しびれ
  • 首の関節の可動域の制限
  • 首のこわばり
  • 吐き気
  • めまい

むち打ちの種類

むち打ちは「頸椎捻挫型」「神経根症状型」「バレ・リュー症候群型」「脊髄症状型」「脳脊髄液減少型」の5つのタイプに分けることができ、それぞれで現れる症状や、症状が現れる部位などが異なります。

頸椎捻挫型

むち打ちの70~80%が、この頸椎捻挫型に分類されます。交通事故の強い衝撃により、首の骨のまわりの筋肉や靭帯などの軟部組織がダメージを受けた状態です。首や背中に痛みなどの症状が現れるほか、運動機能の制限なども起こります。

神経根症状型

交通事故の強い衝撃により、首の骨が歪んだり、ずれたりすることで、頸椎の神経が圧迫されて痛みやしびれなどの症状が現れます。主な症状は首の痛み、頭痛、腕や指先のしびれ、筋力低下などです。

バレ・リュー症候群型

首の骨の近くを走行している交感神経が損傷・圧迫されることで、血流が低下して頭痛、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。

脊髄症状型

交通事故の強い衝撃により、首や脊髄、中枢神経などがダメージを受けて、下肢にしびれなどの症状が現れます。

脳脊髄液減少型

交通事故の強い衝撃により、髄液の髄液圧が急激に上昇し、椎間を走行する神経根が圧迫されることで、頭痛などの様々な全身疾患が現れます。

整骨院でむち打ち治療を受けるメリット

交通事故の怪我・症状で最も多いのがむち打ちですが、むち打ちでは、レントゲン検査などの画像診断で異常を確認しようとしても、レントゲンには骨の異常しか映らないので、的確に症状の原因を把握することができない場合があります。

一方、整骨院では患者様が痛みなどの症状を訴えられている部位に対して触診などを行って、レントゲン検査では確認することができない筋肉や靭帯などの異常を調べます。その結果、整形外科のレントゲン検査では「異常なし」と言われた場合でも、的確に症状の原因と突きとめることができる場合があります。

このようにより緻密な診断を受けることができ、症状の根本原因に対して適切にアプローチできる点が、整骨院でむち打ち治療を受ける大きなメリットであると言えます。

本院 吉井整骨院 分院・粉浜西鍼灸整骨院 交通事故専門サイト 交通事故医療情報協会